noritaka tatehana taro okamoto

舘鼻則孝史上最大の展覧会が岡本太郎記念館で11月3日から遂にスタートし、大変大きな反響を呼んでいます。つい数日前のアメリカ大統領選直前にはレディガガも盛大に応援に駆けつけ、とにかく驚きの連続でサプライズにも程があると思いました。

今回音楽(太朗の言葉)を通して同時に二人の壮大な芸術家に携わることができたことは、自身の今後の音楽活動にも間違いなく強い影響を及ぼしていくと実感しています。

岡本太郎にオマージュを込めた舘鼻則孝の作品は、赤と黒の大きく二つにわかれた部屋が橋で繋がれている坂倉準三の建築の中で展示されています。私は今回、太郎の声に包まれるような空間にしたいというノリタカさんの構想のもと、死をテーマにしている黒い部屋で、太郎の肉声を5.1chで編集しました。

どの言葉を使うかが一番悩んだところですが、あらゆる言葉を繰り返し聞き、最終的に太郎が創作に明け暮れたこの空間で編集作業が出来たことで、まるで太郎さんがその場にいるような不思議な感覚になり、自然と迷いも消えて行きました。

太郎は「調和は、ぶつかり合いの中から生まれる」という言葉を残しています。
「正反対のものがバーンッっ!とぶつかり合う事によって両方が開く」と。

展覧会はまさに強烈な正反対の魂のぶつかり合いから生まれた「調和」が前提にあり
それは訪れる人に対してもバシバシとぶつかってくるのではないでしょうか。

会期は来年の3月まで開催しているので、また私もゆっくり作品と向き合いに行きたいと思います。
多くの皆様に、過去と未来が同時に存在するような、この力強い瞬間を感じてもらいたいと願っています。

私は子供の頃から岡本太郎が大好きで強く影響を受けてきました。
今回、ノリタカタテハナの壮大なテーマに関わることが出来て、心から嬉しく、とても光栄に思っています。
ノリタカさんはじめ、カトレヤトウキョウの皆様、チームノリタカの皆様、そして岡本太郎記念館の皆様、ありがとうございました!

『舘鼻則孝 呪力の美学』

2016年11月3日(木・祝)~2017年3月5日(日)
会場:東京都 南青山 岡本太郎記念館

時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:火曜(祝日の場合は開館)、12月28日~1月4日
料金:一般620円 小学生310円

Noritaka Tatehana Solo Exhibition has been started at Taro Okamoto Memorial Museum. you can see his amazing works untill 5 Mar 2017. I was working on the sound for this exhibision by 5.1ch surround sound Mix.

Noritaka is my soul friend so his amazing imagination or an unimaginable request to works are always resonate to my soul. I really enjoyed !!! and I’m so happy to be part of such a wonderful exhibition.

Thanks Noritaka, Team Noritaka, Cattleya Tokyo and Taro Okamoto Memorial Museum.

 

Comments are closed.