今日から私デザインによる新たな胡弓の模型づくりがスタートしました。デッサンを元に、約10分の1のサイズのものを作る予定です。
デザインコンセプトは「剣」と「弓」。ゼルダの伝説に負けないくらいかっこいい剣のような胡弓を、岡本流家元、三味線演奏家の岡本芳文先生と共同で開発して参りますので、作品になるまでの流れ的なものをみなさんにも見てもらえたら嬉しく思っています。

楽器の制作から、曲作り、レコーディングまでを一作品としてつくりますので、途中、いろいろとハプニングや挫折、そして、苦しみや哀しみ、下手したら重度の鬱、あげくの果てにロンドンへ留学した夏目漱石のようになってしまうかもしれませんが、そういったものがあるという覚悟のもと、我々のきっとあるであろう輝かしい音の可能性を発見する旅へ出発したいと思います。

 

Comments are closed.